中国政府が仮想通貨を資産と認める動きあり

NO IMAGE

2021年現在、日本では金融庁が仮想通貨を暗号化資産とすることでその存在を現金に変わる資産としていますが、中国でも仮想通貨を暗号化資産であると定める法律改正が行われようとしています。

これは、中国は中国で人民元を電子通貨化するというプロジェクトで他者の通貨、この場合、他国が開発した仮想通貨などを使用しないとする姿勢でした。
しかし、中国も中国で仮想通貨を開発し自国の収益につながる可能性がある分野としてみているのです。

つまり、現在、アメリカが仮想通貨を資産とみて銀行に預け入れることができるプログラムを打ち出し、産業化していることで中国側も仮想通貨というジャンルが産業となるとみて仮想通貨を資産として認め、かつ広くに広めることで収益としているため、中国もそれに習う形でアメリカと仮想通貨のシェアを争うという覇権を争う姿勢がこの2021年の仮想通貨の事情になります。

この仮想通貨の覇権争いの利点は単純に考えた場合、技術に投資をしていてかつ実態がない者に対して投資をしているため、投資家から注目を浴び続けている限りは収益となるうえ、他国からも投資を得ることができるため、産業として機能します。

しかも、自国が開発した仮想通貨、この場合、アメリカか中国が開発した仮想通貨が流通すればするほど自国は潤うという仕組みが仮想通貨になります。

ただ、仮想通貨の覇権争いにはある懸念もありまして、一つは覇権争いが過激化することで両者の仮想通貨が潰しあうのではないかという懸念です。
というのも仮想通貨は結局はネットワークを通じて売買が成立するという仕組み上、ネットワークに何らかの手法でアクセスし負荷をかけることができれば如何に、ブロックチェーンで負荷が分散されるネットワークと言えど、いずれ、速度低下や個人情報を流出させることが可能であると言われています。

特に個人票法の流出に関してはサービス提供者側が流出させてしまうことも考えられるため、ネガティブキャンペーンなども激化する可能性も否定できないわけです。

もちろん、それらは、大国が仮想通貨という覇権をかけて争った場合に起こり得る問題で、投資家もそれに対して仮想通貨を通して覇権争いに巻き込まれるかどうかは未知数ですが、場合によっては、大国同士が開発した仮想通貨のシステムがぶつかり合い最終的には仮想通貨は意味がある産業なのかということを見直さなければならなくなる可能性があると結論付けます。